のえと愉快な仲間たち

のえと愉快な仲間達との日常を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は、猫のお話

今日は、猫のお話。

我が家の白猫なおと君、こないだ友達のプードルちゃんいくつになった?って話してて気付いたんですが、
その子とほぼ同じに我が家に来たので、もう10歳になってて、驚きました(゚o゚;;
いつまでも、元気で、甘えたでいて欲しいものです(^.^)

なおとは、まだ目もはっきり見えてない、歩くのも後ろ足を引きずったようにしてしか動けないのに、
母猫をきっと探してたんでしょう、、、ものすごい叫び声で3日くらい鳴き続けていました。
主人の実家の近くの倉庫の下で鳴いてて、つい目を合わせてしまいました(ーー;)
姑さんに、「聞かないフリしてたのに、目を合わせてしもたんやなぁ~」と言われてしまいましたが、
誰かが捨てたのなら、またここに持ってきたら拾って貰えると思われるから、気づかないふりしてたそうです。
とにかく、うちの近所なら猫好きの人も多いから、どうにかなるだろうと連れて帰ることに(^.^)
主人の懐に入れて帰りましたが、爆睡(^ω^)温かくて気持ちよくホッとしたんでしょう(´∀`)
しかし、何が原因かわかりませんが、肛門が避けたようになっていて病院に行ったら「縫い合わせて上手くいけば排泄も問題なく出来るでしょうが、ダメかもしれません。出来るだけ頑張ってみましょう!」と言う事で、いきなり手術でした(・□・;)結果、排泄は問題なく出来ますが、感覚と運動神経がやられてしまってて、猫のしっぽでの感情表現は出来ませんし、怪我しても痛くないのでわからない様になってしまいました。
だから、きっとお母さんに捨てられちゃったんでしょうね(ToT)
今の所災難と言えば、スナネズミにしっぽを噛まれたくらいですね( ̄◇ ̄;)

この時、我が家にはハムスターや姫うずら等、猫の大好きな小動物が色々居ました。
これらの先住ペットたちと仲良くなれるのかが1番の問題でした。
しかし、3ヶ月までの子猫なら、家族認識させることで皆が共存できると獣医さんに教えてもらったので、
毎日顔合わせて挨拶させてたら、ホントに仲間意識が芽生えたようです(^-^)
うさぎやモルモットよりもなおとの方が小さかったので、モルモットゲージに入れてみたらビビってたのは
おかしかったです(^ム^)
まぁ、その御蔭で、今どんな動物が来ても大丈夫です(*^^)v

appu naoto3
appu naoto1
appu naotoapu
appu naotojukusui


ヒロちゃんは、はなちゃんより半年ほどお姉さんです。(多分、、、)2月で5歳になります。
彼女は、地域猫として可愛がられてたんだと思いますが、何かの事情で縄張りから出てしまったと思われます。
マンションの前で、通りゆく人たちに猫なで声を出しアピールしていた所、うちの患者さんが捕まってしまいました(^_^;)そのマンションはペット禁止で、でも心優しく猫好きの方だったので、どうしよう?とお母さんに相談したら「こんな時は、先生に頼んでみよう」と言う事になったそうです(笑)
で、行ってみると子猫って聞いてたけどもう大人な大きさで、余程おなかすいてたんでしょうね~、ドッグフードをバリバリ食べて、側溝を覗き込んで鳴くんです、、、水をくれと(^_^;)
水たまりを見つけて一生懸命飲んでました。
で、捕まえて車に入れたら、まるでスーパーボールのようにあちこちにぶつかり大パニック(・□・;)
で、捕まえて膝に乗せたら、ず~っとゴロゴロ言ってご機嫌でした(笑)
動物病院に連れて行って、病気など調べて貰う間もず~っとゴロゴロで先生も心音がわからないと呆れてました(笑)

appu hiro1
appu hiro2
appu hirikigurumi
appu hirikigurumiappu


そんな訳で、うちの子になった2匹ですが、相性も良く助かってます。

appu nakayosinekobetto
appu nakayosineko


一時期、主人が釣り場でダンボールに入れて捨てられてた子猫を拾ってきて育てましたが、ひろちゃんみたいな
避妊した猫でも母性が働くのか、子猫がじゃれ合ってるのを構ってやってました(^-^)
なおとは、あまり関わることなかったです。オス猫は子育てには参加しないんでしょうね。

犬達が増えて、あまり構ってやれなくなっていますが、元気で長生きして欲しいものです<(_ _)> 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。